カリスマ性・影響力のある教祖的な人と盲目的に支持する信者の関係がずっと不思議でした。


その人の発言に納得をして共感しているとか、すごく弱っている時や困っている時に助けてもらって恩を感じているぐらいなら理解できるのですが、あきらかに教祖的な人がそれはおかしいでしょ?!という言動を繰り返しても、庇ったり信者であることをやめようとしない人がナゾだったのです。



☟前にサイコパス(的な)経営者に出会った時の話を書きましたが、自己愛が異常に強い人にも出会ったことがあります。

経営者にはサイコパス(的な人)が多いというのは本当だった話





サイコパスは100人に1人、パーソナリティ障害を持った人は20人に1人ぐらいの割合で存在するそう。


だから何らかの障害を抱えている人はクラス、あるいは小さな会社でも1人か2人はいてもおかしくないのです。



そういう誰かの障害や異常性に気づく人と気づかない人がいて、何となくは気づいていても自分には関係ないとスルーできる人もいます。


気づかずにいて相手の地雷を刺激しようものなら、ものすごい反撃を食らうことも💦




診断できる立場ではないので決めつけているわけではありません。


ただ調べて行くとサイコパス的な経営者も、自己愛の強過ぎる人もその特徴にピッタリと当てはまるので、もし本当にそうだとしたら『納得できる』というだけの話。





私が出会ったのはパーソナリティ障害の中でも自己愛性パーソナリティ障害と思える人。


特徴は以下のような感じです。



・ある種のカリスマ性があり人を惹きつける力がある

・自分はとても優れていると信じている


・評価と賞賛を他者に求める


・目的のためなら平気で人を利用して嘘もつく


・やりたくない面倒なことは他人に押し付ける

・ミスの指摘や批判に弱く、激しく傷つき落ち込む


・批判して来た人を過剰なほどに責めたり攻撃する


・誰かのせいにできそうな時は失敗を人のせいにする


・人の気持ちがわからず人を傷つけるのことに無頓着


・人を見下す傾向があり、露骨に言動に表す


・自分以外に関心がなく相手を思いやれない

・自分よりできる人を強く妬む



自己愛性パーソナリティ障害にも2つのタイプがあると知ったのはわりと最近。


上記のほとんどが『顕在型』の特徴で、表に出ているのである意味わかりやすいです。

一見すると自己愛が異常に強いとは思えないのが『潜在型』(隠れ自己愛性パーソナリティ障害)の人。


教祖と信者はコインの表と裏のような関係?



・相手の理想にとことん合わせる気持ちのいい人
(を演じている)

・かなりプライドが高く傷つきやすい


共通の特徴もありますが、『潜在型』の特徴は上記です。




そして、

同じパーソナリティ障害を持った人同士は時に強烈に惹かれ合い、がっしりと手を組むことがある

のだそう。



つまり、人を惹きつける顕在型のカリスマ教祖と、それを熱心に支持する潜在型の信者という関係が成り立つ可能性が。





知り合いの教祖タイプと盲目的な信者のような関係の二人は、教祖タイプの人が周りを困らせたり迷惑をかけたり、時には誰かを激しく攻撃しても信者タイプは全く気にしなかったし、教祖タイプの方も「この人だけは絶対に私が守る!」と信者タイプの人を庇うような態度を取ったり。


何か問題が起きて片方の立場が危うくなると、もう片方が「私のせいです!!」と言い出したりナゾだらけだったのですが、相手を庇っていたというより、自分自身を守っていたと思うと妙に納得できました。




潜在型の人は顕在型の人を本当の意味で見ているのではなく、相手の目に映った自分を愛しているとのこと。


カリスマ教祖に対して善悪の区別もできないほど盲目的に支持をしている信者は、もしかしたら教祖の力=自分の力のように感じているのかもしれません。




有名人と熱心に応援しているファンはもちろんこれには当てはまらないし、教祖様と信者でも正しく結びついている人たちもいるでしょう。



自分が可愛い、自分を大切にしたい、自分を守りたいという自己愛もそれ自体は誰もが持っている普通の感覚。

だけどそれが度を越して周りを困らせてしまう程だと何かの障害があるのかも?



私の出会った顕在型の人はとても頭が良い人だったので、「何かそういう要素があると思う」と本人も言っていて、生きづらさを感じているらしく、何かおかしいと自分でも少し気づいていました。



いつ寝てるの? 

いつリラックスできているの?


と心配になるぐらいとにかくいつもテンションが高く、私もいろいろと攻撃されてしんどい時期はありましたが、本人がいつも相当無理をしていっぱいいっぱいなのもわかっていたので、こういう人に出会った時は、お互いを傷つけない上手な距離の取り方をして、良い面だけを見て接すればいいのだなと勉強になりました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご了承くださいませ。